新婚夫婦が高崎の工務店で住宅を注文する長所と短所

新婚夫婦が高崎の工務店で住宅を注文すると、地震に強い家が建つ、家族が喜ぶ、頑張る意欲が湧くなどの長所があります。

高崎は地震が結構多い地域なので、工務店も常に地震についての対策を研究しています。
そのため、住宅を注文すれば自然と耐震性に優れた家が建ちます。地震対策として基礎に力を入れるため、時間が余分にかかりますが、安全面につながるので我慢したほうが無難です。また、家が建つと本格的に新生活がスタートするので、家族が孫ができると喜びます。



子育てにはお金がかかるため、笑ってごまかしたほうがいいです。あと、家が建つと夫婦で頑張る意欲が湧いてきます。


生活の地盤と言える部分ができたので、次の目標は子供となります。
家を建ててすぐの時期は、お金が減っていると思われますが、2人で協力して仕事をすれば大丈夫です。



短所は高崎には雨季がある、冬は結構寒いなどです。


高崎は6月から10月上旬にかけて、梅雨やゲリラ豪雨、または秋雨や台風などにより大雨が降りやすいです。

工務店に依頼をすると、雨が降り続いた場合は工事を一旦停止せざるを得ないです。
2月から4月、10月から11月にかけての時期は雨が少ないため、工務店に依頼をすれば期日通りに仕上げてくれます。また、高崎は冬に入ると結構冷えるので注意です。



仕事や外出の際には衣服にカイロを入れたり、家の中は暖房で温めるなどをすれば対策できます。外は寒いですが、地面が凍結することはあまりないので心配しなくてもいいです。